続きを書いていて

「満ち潮を待つ間に」の続きを書いているんですが、なかなかすすみません。

ここまで、と思ってるところは諦めて、つじつまが合うところまでで、掲載しちゃおうかな。

記憶のサブシステム書いてた時は、誰に頼まれたわけでもないのに、2週間に一回は掲載しようと頑張っていました。連載小説って大変、とか、思ったり、いや、お前、作家でも何でもないからとつっこんだり。

で、一回、定期的な掲載をやめるとだらだらしてしまう。間開けても何とも思わなくなっちゃう。

おまけに、upppiさんはイラストとマンガのサイトになって、他の方の小説がほとんど追加や更新されていない。みなさんどうしちゃったんでしょう。いくつか楽しみで読んでいたのに、もう、更新されないのかなあ。

始めた話は最後まで書きたい、でも、読んでくれる人がいなかったら、いや、もともと、誰も読んでくれなくてもいいから、書こうって思ってたはず、とか、いろいろな考えが浮かんでは消えます。

全然レベルが違うけど、徒然草って、読み手を想定していたんですかね。方丈記とかも。大勢の人に読んでもらおうと思って書いたのだろうか。