万年筆が欲しい

昨日、文房具店に行ったら、万年筆のインクを売っていて、その近くに、手ごろな価格の万年筆が売られていました。

万年筆って好きなんだよな、でも、インクがすぐなくなるし、ちょっと使わないでいると固まっちゃったりするし、扱いがボールペンより面倒なのよね、と思いました。

ボールペン派なんだけど、高級ボールペンは買いたいとは思わない。邪道な気がする。(あくまで、個人の意見です)

で、高級っぽいペンが欲しくて、万年筆を何年かに一回、買っちゃうんだけど(白い山のような超高級なものではないですよ、もちろん)、長続きせずにどこかにいってしまう。まるで日記帳のようだ。

文房具店では、ガラスペンも売っていた。インク瓶と一緒に。ペン先をインク瓶につけて、書くの。この手の文房具はすごく好きだ。だけど、最近紙で文字を書かなくなっちゃって、買っても紙がない。高級っぽい革表紙のノートと万年筆って前は持っていたんだけど。

前なら、欲しくなったら、手ごろな価格のを見つけて買ってたんだろうな。でも、使わないからな、と思っています。デジタル化、ペーパーレスって、職場ではなかなかおこらないけど、個人の生活では、すっかりおこってますね。あ、でも、紙の本は買います。

 

新しいプラットフォームでは、お気に入りを入れてくださった方がいました。うれしいなあ。頑張ってあげていこう。

upppiでも満ち潮の続きを挙げる予定です。主人公の狭霧圭のことが書いててだんだん楽しくなってきました。