新しいお話をアップしました

upppiに「福の神」というお話をアップしました。結局タイトルは、何の変哲もないものにしました。もっと長いタイトルでもよかったんだけど。「僕の肩に福の神が乗っていて」とか。でも、こういうタイトルの話他にもいくらでもありそうだ。設定が非常に平凡なので(話の中身も平凡だけど)。

連載ものじゃなくて読み切りでだしました。話としては続きも書けそうだけど、連載物にすると、表示が最初の投函のものがずっとでるので、どうなのかなあと思って。

それとR18でもないので、upppiのトップ画面に新作として表示されていました。初めてだ。うれしい。

そもそも、「記憶のサブシステム」だって、R18で出す必要があったかは不明です。なにか、面倒なことになるのがいやでR18にしたけど、そこまでの話でもなかったと今更になって、思う。

今度の話「福の神」は、主人公が話をします。「記憶のサブシステム」を書いていてなにがつらかったかと言うと、広瀬が無口っていう設定にしたことです。本当はもっと色々話をさせて、心情とか説明させかったんだけど、「あ、この人無口だったんだ。こんな話するわけないな」と思って消したりしてました。話を普通にする登場人物は、その点楽だ。

 

アルファポリスには、「記憶のサブシステム」の「描けない鳥瞰図」を投稿しました。こまめなタイトルつけるの面倒だから、今度からは1、2にしようかな。でも、それだと味気ないですよね。