ハワイのお土産

ハワイのお土産で、ハンドスピナーというおもちゃを貰いました。

この写真と形は同じですけど、もらったのは、もう少しプラスチック感の強いものです。

JPUP 指スピナー ハンドスピナー Hand Spinner セラミックのボールベアリング 超耐久性の高速度 指先のこま 高速回転 独楽 ストレス解消 金属仕樣で 1 - 6分平均スピン スカイブルー SY-1

指に挟んで、ちょっと押すと回ります。そして、回りだすと、クルクルクルクル、回り続けます。摩擦がないんでしょうけど、なんだか不思議。

このまま回していると、催眠術か何かにかかりそうな感じ。

暇つぶしなんだろうけど、こうして頭がぼうっとしていって、そのうち、誰かの言うことそのまま実行しちゃいそう。

このクルクルとは関係ないのですが、ミシェル・ウエルベックの「服従」を読みました。

 

服従

服従

 

 1年くらい前に丸善で買って、そのままにしていたんですが、この前、フランスの大統領選があって、2大政党以外の大統領になりましたとか、極右勢力伸びています、とか報道されていたので、急に読む気になりました。

前半くらいの、テロ事件が報道されていなくて海外のネットの動画サイトでかろうじて見るみたいな描写があったり、極右が勝ってもイスラム政党が勝っても心配だから、イスラエルに引っ越すユダヤ人の話は、興味深かったです。

でも、暴動?かなにかおこって、主人公がパリをでて、その後くらいから、これは、ないでしょ、と思いました。

小説だから、ありえなさそうなこと書いてももちろんいいです。むしろ、ありえなさそうなことが書かれているのだから、小説は面白い。それに、こんなことありえない、と思ってることが、現実にはなるものですよ、って言いたいのかもしれない。

そうかもしれないけど、最後まで、納得がいかない展開でしたね。納得がいかないというのは穏やかな表現で、正直、不愉快だった。

こういう世界になることを望んでいる人がいるということなのでしょうか。なにしろ「服従」がテーマだから、この世界になれば、他人のことも慮る必要もないから、楽だし、大変満足という人がいるってことなんでしょうか。なにしろ、「服従」してるんだから。

解説で、この本がフランスやイスラム教徒にどう受け止められたのかわかるかな、と思ったのですが、特にそれもなく。本の帯の「賛否渦巻く予言的ベストセラー」というのは、誰がどう賛否なの?とわからないままでした。

「賛」は、小説自体が、現在のヨーロッパの世界観、病巣を表しているから素晴らしいとか言ってる人がいるってことでしょうか。

本を読んで不愉快になることは少ないので、書評を読んだり、アマゾンのコメント読んだりしたのですが、不愉快になって人はあまりいないみたい。どうやら、このウエルベックという作家は、この本のようなテーマを繰り返し書いているらしく、私は、ウエルベックを知らずに読んで、勝手に不愉快になってるんですよ、ってことだ。

それは、わかる。皮肉や揶揄に満ちた本はある。救いのない物語も多い。それこそが、小説というものだ。私を不愉快にさせたのは、ある意味、作家の狙い通りだろう。

それにしても、解説でもコメントでも、文学としての論評はあり、それぞれ素晴しい分析ではあったけれど、自分がどう感じたのかを書いている人はほとんどおらず、不愉快、こんな未来はあってはならないということを書く人が見つからなかったので、あえて、ここに書いておくことにしました。

 

 

 

寒暖差

暑いかと思ったら寒かったり、また、その逆だったり、5月ってこんな感じでしたかね。

この前、釣り堀にいったのですが、1時間もいて、何も釣れませんでした。そして、同じ釣り堀で、多くの人が釣っていなかった。魚はお腹いっぱいだったんですね。釈然としないけど。

みんなが釣れてて、自分だけ釣れないのと、どっちが納得がいくんだろう。

upppiに新しいお話をのせました。狭霧と言う名前の登場人物をだしたくて、狭霧、狭霧、と考えているうちにでてきた話です。

私は名前つけるのやや苦手です。苗字考えるの面倒で、下の名前になるとさらに面倒でだめって感じ。はりきってつけるのは主人公くらいで、脇役は適当になってしまう。

普通の人の普通の名前にしたいと思ってたら、サブシステムでは近藤さんが2人もいます。しかも、会話の中ではいるのに、近藤さん自身が出てくることはないということまで同じに。近藤さんという知り合いがいなくて、わりと一般的な「藤」がつく名前にしようとしたから、こんなことになってしまったんだと思う。

加藤さんとか佐藤さんとか、知り合いの名前は小説にはつけにくいから。

この前、ネット見てたら、投稿小説のための、名前を自動生成してくれるサイトがあって、面白いと思いました。

福の神は続きが考えられないので、しばらくお休み。福の神が帰ってきて、双子がなんだかんだして、とか、ぼんやりしか思い浮かばないです。

アルファポリスは、全然アクセスないと思っていたのですが、ptはなんとなく加算されていました。こつこつあげれば、また、増えるかも。

 

福の神の続き

福の神の続きを書きました。結構あてどなく書いていて、この先どうなるか、どうするか自分でもわからないです。こうやってなんとなく書いてたら、自分でも思いもかけない展開になるんだろうか。わかりません。

次は、せっかく福の神がいるので、この辺りをもっと活かした話にしたい。

とはいうものの、続きが思い浮かばないので、神様関係の本でも読んで、ネタを考えないと。

福の神の続き以外の作品も書きたいです。喧嘩ばっかりしている二人が、実は、あら、お互いに、みたいな設定とか、結構好きです。シェークスピアの「空騒ぎ(Much Ado About Nothing)」みたいなの。というか、そういう話を読んだり、ドラマで見たりしたい。そうはいっても、このパターンの対立していた二人が実はお互いに惹かれていて、という話は、くっつくまでは「早くなんとかなればいいのに」って思うけど、一回くっついちゃうと、もうその先には二人の関係のヒヤヒヤしたところがなくなって、面白さが減ってしまうんですよね。

 

アルファポリスのほうは、たまに覗いているのですが、ptがものすごく低くなっている。うーむ。作品の力がないんですね。もっと人気のある人のを読んで研究した方がよさそう。研究したからと言ってそのように書けるというわけではないのですが。

 

 

 

読書週間

今週は、ベストセラーになっている「応仁の乱」を読んでいました。家でも電車の中でも読んで、ちょっとした読書週間です。登場人物が多くて、しかも名前が似ているので、「え?これ誰だった?東軍?西軍?」みたいな感じで、ページを行きつ戻りつしながら読みました。そうはいっても、これほどの複雑な関係や戦闘を、わかりやすく書いてありました。「応仁の乱」って学校のころ、教科書ではみたけど、足利なんとかって頃の戦争だよな、程度にしか思っていなかったので、全てが「ほうほう、そうであったか」という発見ばかりでした。さすが、ベストセラーになっているだけあって、文章が上手い、簡潔でした。わたしでもわかった気になれる応仁の乱でした。

戦後の歴史研究についても言及があり、そのあたりの学説の成立と政治的な主義の関わりもわかって興味深いです。

こういう歴史ものを読むと、なんとなく、自分もその中に入り込んでいるような気分になりますよね。歴史ものは、当時の着ているものとか食べてるものとかがさっぱりなんで、書けないんですけど、ファンタジーにしちゃって、なんちゃって中世・戦国時代なら書けそう、とか思いました。

面白い本を読むと本屋さんに行きたくなります。私のよく行く本屋では、「応仁の乱」が売れて気をよくしたせいか、「壬申の乱」とかそういってなになにの乱特集で本が並べられてていました。

 

食べ物について

今日、麻婆豆腐を作りました。豆板醤いれすぎて辛くなりすぎちゃいました。

私は料理はあまり好きではないです。切ったり皮をむいたりするのも下手だし、味付けもいまいち。

でも、食事は好きです。美味しいものをたくさん食べて、お酒を飲んでいると幸せです。

小説を読んでいていつも気になるのは、登場人物の食事です。食べたり飲んだりしていると安心しますし、そういえば、全然食べてないって気づくと、おなかすいてるでしょうに、食事してほしいなあと思います。特に苦手なのは、食事中に誰かに呼ばれたりなにかがあったりして、途中で席を立つシーンです。あ、このご飯どうなるんだよっていつも思います。それは、映画やドラマ観てても同じです。机の上にいっぱいのっている食事を置いて、立ち去る主人公。胸が痛みます。

小説でも映画でも、時々美味しそうなシーンがあると、そのご飯を食べたくなりますよね。

私は、不思議なことに、松本清張の作品を読むと、いつも、お茶漬けが食べたくなります。ゼロの焦点か点と線かなにかで、登場人物がお茶漬けっぽいものを食べていたからだと思います。それ以外の作品を読んでも、お茶漬けのイメージです。

自分が書く話でも、登場人物には、きちんと食事をしておなかいっぱい食べてほしいと思います。ついでにいうと、東城の家にいる石田さんは私の理想です。自分がなりたいんじゃなくって、ああいう人うちにも来てくれないかなあという、そういう意味の理想。

今日の麻婆豆腐は辛すぎるので、明日豆腐を足して、味をちょっと変える予定です。。。

新しいお話をアップしました

upppiに「福の神」というお話をアップしました。結局タイトルは、何の変哲もないものにしました。もっと長いタイトルでもよかったんだけど。「僕の肩に福の神が乗っていて」とか。でも、こういうタイトルの話他にもいくらでもありそうだ。設定が非常に平凡なので(話の中身も平凡だけど)。

連載ものじゃなくて読み切りでだしました。話としては続きも書けそうだけど、連載物にすると、表示が最初の投函のものがずっとでるので、どうなのかなあと思って。

それとR18でもないので、upppiのトップ画面に新作として表示されていました。初めてだ。うれしい。

そもそも、「記憶のサブシステム」だって、R18で出す必要があったかは不明です。なにか、面倒なことになるのがいやでR18にしたけど、そこまでの話でもなかったと今更になって、思う。

今度の話「福の神」は、主人公が話をします。「記憶のサブシステム」を書いていてなにがつらかったかと言うと、広瀬が無口っていう設定にしたことです。本当はもっと色々話をさせて、心情とか説明させかったんだけど、「あ、この人無口だったんだ。こんな話するわけないな」と思って消したりしてました。話を普通にする登場人物は、その点楽だ。

 

アルファポリスには、「記憶のサブシステム」の「描けない鳥瞰図」を投稿しました。こまめなタイトルつけるの面倒だから、今度からは1、2にしようかな。でも、それだと味気ないですよね。

今日は一日中雨

朝から雨がずっと降っていました。春だから。

私は春よりも秋が好きですが、アンケートとかとると、春が一番人気だそうですね。

アルファポリスをみにいってみたら、インセンティブなるもののことがでていました。見込みスコアというもので、これが来月10日ころになると確定スコアになり、ポイントとして利用できるようです。すごい仕組みだ。このスコアも pt で書かれていて、pt って便利な単位だなと思いました。こういうサービスを新しく使ってみるのって面白い。

でも、サービスについてこのブログで感想書いてても進展がないんで、新しい物語をせっせと書くことにしました。タイトルをどうしようか悩んでいます。upppi ではあんまり感じなかったんですけど(私が鈍いからか)、アルファポリスの作品のタイトルって、それ自体が話になってますよね。「〇〇がなんとかで、かんとかだった△△」みたいな。ああいうのが流行りと聞いてはいたが、、、。時々普通のタイトル見つけると、「あったあった」と安心してしまう。

でも、勇気がないからあんな長いタイトルできなさそう。しかし、流行りものには合わせた方がいいのかな。てなことを書いている時間があるので、物語に戻ることにします。