好きな本のこと

ブログ書くの久しぶりです。

夏が苦手だったのと、生活が気ぜわしかったから。本当は、毎日、書くという努力をしないから、書けなくなっちゃったんですけど。

秋になってきて、少し書こうという気分になってきました。

「満ち潮」も、どうしよかって思ってたんですけど、やっと頭の中で道筋ができてきた。

表題の好きな本についてですが、私は、ミステリーが好きで、特に海外のものが好きです。

ミステリーでは、V.I.ウォーショースキーのシリーズを長年読んでいます。本当に、長年です。子どものころに、江口寿史の表紙絵をみて買ってからずっとです。ジャケ買いってやつですね。あの頃は、そんな風に本を買うことが多くて、萩尾望都が表紙書いてるから買ったりしてました。ヴィクの作品は、最初は格好いい女性探偵もので、だんだん、強烈すぎるわあ、って思って、最新作では、なんだかそれさえもいい感じの終わり方になって、うれしかったです。ずっと応援してきた作品の成熟を見とどけた。(いや、上から目線すぎですけどね)

他にはピーター・ラヴゼイも好きで読んでました。ダイヤモンド警視ものが好きです。ちょこちょこ会話に冗談がでてくるんですよね。ああいうお洒落感があるのって、少ないです。

読んでるうちに作者がすごく年を取ってしまっていることに急に気づいて、私も年をとってるんだなあ、と感じたり。

フロスト警部の作家が亡くなってたのはびっくりでした。好きだったのになあ。

最近は、ル・カレを読んでます。何年代の話なのかとか時代背景を捉えるのが難しい。文章も難しいのでちょっとずつ読む感じ。

 

ちなみに、日本の小説は誰かの熱烈なお勧めか、大きな話題(芥川賞で何百万部売れて、とか、この作家の作品でビルが建ったみたいなくらいの)がないと、最近は読みません。嫌いとかじゃなくて、いっぱいありすぎて何読んだらいいのかわからない、ってことです。

透明クレヨン

いきなりですけど、透明クレヨンってご存知ですか。

クレヨンが、進化して、水彩絵の具みたいって言うか、透明に塗れるんです。

その謳い文句に惹かれて買いました。

箱もかわいいし、中のクレヨンも、本当に透明でした。

塗ってみると、、、

うーん。まあ、こんな感じですかね。自分の才能のなさを感じる。

色鉛筆を太く柔らかくした感じ。ぞんざいに塗ってもOK。

どんどん塗れるので楽しくはあります。

「透明クレヨン」という名前がいいなと思います。透明ってつけると、いい意味で不思議にきこえる。

例えば、透明ワルツ、とか、透明キッチン、透明バナナ、透明チョコレート。

透明ガーデン。

 

fujossy で、なんというかわからないんだけど、ぽちっと感想を押すボタンがあって、それをつけてもらえました。わーい。うれしいな。

upppiでも、「満ち潮を待つ間に」に星をつけてもらえて、うれしい。がんばって、続きを書きたいです。

 

 

最新話を掲載しました

「満ち潮を待つ間に」 の最新話の「堂々巡り」を掲載しました。

隼人もぐずぐず堂々巡りだし、私もそんな感じです。でも、書いて行けばそのうち高速で流れて、ぴたっと収まると思う。そう願いたい。

 

fujossy はいろいろな機能があって楽しいです。よくわからない機能もまだ多いですけど。

アクセス統計がグラフになってて、毎日みると上がったり下がったりしています。これが、2、3日更新しないと、ほとんどアクセスがなくなるということもわかってきました。投稿されたばかりだと表示されるのでアクセスがあるのかも、と推定しています。なので、話をこまめにきって、掲載することにしました。時間指定もできるので、毎日午後6時に掲載されるようにセットしています。

文章も改行を増やして、行間をあけました。

upppi は、電子書籍機能が気に入ってて、文字がつまってるほうが書籍っぽいって思ってたんですけど、fujossy みたいな表示だと、空欄が多い方がとっつきやすいのでは、とこれまた推定しています。効果があるかどうかは、まだ、わかりません。

 

続きを書いていて

「満ち潮を待つ間に」の続きを書いているんですが、なかなかすすみません。

ここまで、と思ってるところは諦めて、つじつまが合うところまでで、掲載しちゃおうかな。

記憶のサブシステム書いてた時は、誰に頼まれたわけでもないのに、2週間に一回は掲載しようと頑張っていました。連載小説って大変、とか、思ったり、いや、お前、作家でも何でもないからとつっこんだり。

で、一回、定期的な掲載をやめるとだらだらしてしまう。間開けても何とも思わなくなっちゃう。

おまけに、upppiさんはイラストとマンガのサイトになって、他の方の小説がほとんど追加や更新されていない。みなさんどうしちゃったんでしょう。いくつか楽しみで読んでいたのに、もう、更新されないのかなあ。

始めた話は最後まで書きたい、でも、読んでくれる人がいなかったら、いや、もともと、誰も読んでくれなくてもいいから、書こうって思ってたはず、とか、いろいろな考えが浮かんでは消えます。

全然レベルが違うけど、徒然草って、読み手を想定していたんですかね。方丈記とかも。大勢の人に読んでもらおうと思って書いたのだろうか。

 

 

 

 

万年筆が欲しい

昨日、文房具店に行ったら、万年筆のインクを売っていて、その近くに、手ごろな価格の万年筆が売られていました。

万年筆って好きなんだよな、でも、インクがすぐなくなるし、ちょっと使わないでいると固まっちゃったりするし、扱いがボールペンより面倒なのよね、と思いました。

ボールペン派なんだけど、高級ボールペンは買いたいとは思わない。邪道な気がする。(あくまで、個人の意見です)

で、高級っぽいペンが欲しくて、万年筆を何年かに一回、買っちゃうんだけど(白い山のような超高級なものではないですよ、もちろん)、長続きせずにどこかにいってしまう。まるで日記帳のようだ。

文房具店では、ガラスペンも売っていた。インク瓶と一緒に。ペン先をインク瓶につけて、書くの。この手の文房具はすごく好きだ。だけど、最近紙で文字を書かなくなっちゃって、買っても紙がない。高級っぽい革表紙のノートと万年筆って前は持っていたんだけど。

前なら、欲しくなったら、手ごろな価格のを見つけて買ってたんだろうな。でも、使わないからな、と思っています。デジタル化、ペーパーレスって、職場ではなかなかおこらないけど、個人の生活では、すっかりおこってますね。あ、でも、紙の本は買います。

 

新しいプラットフォームでは、お気に入りを入れてくださった方がいました。うれしいなあ。頑張ってあげていこう。

upppiでも満ち潮の続きを挙げる予定です。主人公の狭霧圭のことが書いててだんだん楽しくなってきました。

もしかすると

新しいプラットフォームの方は、まだ、成果がよくわからないです。アクセス数とかどうやって判断したらよいのか。積み重ねていかないとわからない感じ。

機能も色々あるみたいなので、楽しみです。

何件か他の方の小説を拝読したのですが、プロの人とか、結構いるんですね。

私の文章は、時々画面に文字びっしりになるから、読みにくそうだな、と思いました。

Web小説って、空白が多めの方が読みやすそう。

多くの人はスマホで読んでるんですよね。だとすると、なおさらだな。

「サブシステム」はあまり色々なこと考えないで、好きなように書いてたんですけど、「満ち潮」はもう少し空白を増やそうかなと思っています。多めに改行するとか。

このブログも多めに改行するほうがいいんでしょうね。

 

その方が

読みやすいよ

多分

こんな感じ。

LINEとか、

SNSの投稿って

全体的に

一行の文字が

少ない方が

頭に入るから

 

ってなこと書いてたら、書きやすいし読みやすいかもしれないけど、空間がもったいないぞ。もともと紙にちまちま書いてたから、こう白っぽいのは、もったいないという気分になる。

 

久しぶりに

アルファポリスにサブシステムの「無鉄砲」をアップしました。さらに、「fujossy」というサイトにも、サブシステムのアップを開始しました。

この手の小説投稿サイトって本当にいっぱいあるんですね。そして、投稿する人たちもいっぱいいる。すごいことだ。

それと、あちこちのサイトを見ると、結構、同じ作品が複数のプラットフォームにあがっているんですね。複数挙げているとサイトの管理大変だろうと思うけれど、どこかのブログか何かにいくつもあげるのは当たり前、みたいなことが書いてありました。

そうはいっても、あんまりいっぱいあげてると、混乱しそうだから、どこかで整理していくんでしょうね。

 

この前、「ジョンルーサー」というBBCの刑事ドラマを見ました。dtvに入ってて、暇で適当にみてたんですが、秀逸でした。知らないドラマでしたが、かなり面白かった。思いもかけない展開になったりして。ドキドキハラハラ。

いつも話を書いてるとどうしても会話ばっかで動きがないんですよね。ドラマみたいに、主人公が走り回って、犯人も動き回って、みたいな感じのが書きたい。

「満ち潮を待つ間に」は、登場人物を動かそう動かそうとして苦戦中です。私が出不精だから、出てくる人たちも外出したがらないのです。